生活習慣病の予防として取り組むようになったこと

薄毛は生活習慣病と関連してる

そうなると日常生活の中で可能な工夫を行うしかありません。
タバコや食事に気を使うことによって、血流の鈍化を防ごうと決意したのはこのような経緯によるものです。
また、薄毛も生活習慣病と考えて予防を行っています。
こちらのポイントになるのも前述の血行促進です。
昔はただ育毛剤を使っているだけで予防になると勘違いしていました。
年を取るにつれて認識が強くなったのは、毛根に栄養をしっかり届けてあげることです。
髪に良いとされる栄養素を含んだメニューを食べても、それが毛根に届かなければ意味がありません。
胃腸から吸収された栄養素は血管を通って体中に届けられます。
毛根に栄養が十分に届くには、頭皮の毛細血管の状態が重要であると気付きました。
そのためのケアとして日常生活に取り入れたのが頭皮のマッサージです。
頭の凝りをなくすのと同時に、頭皮にほどよい刺激を与えることで血流が改善されると考えたからです。
もちろんメニューにも留意して十分な栄養素を摂取することも忘れてはいません。
しっかり食べて、それを毛根にまで着実に行き渡らせるように務めています。
その他に気を付けているのは睡眠不足の状態に陥らないことです。
睡眠障害はいろいろな生活習慣病のリスクを高めるので、忙しいときでも睡眠時間はできるだけ確保しています。

タバコは粘着性のある血液になる要因 / 薄毛は生活習慣病と関連してる / 運動不足はストレス解消と生活習慣予防

生活習慣病の予防 | 生活習慣病と健康づくり